最近、若い女性に性病が多いようです。20代前半では5人に1人が性病に感染していると考えられていますので、必ずコンドームを付けて性行為を行ってください。こちらでは性病について色々なことを伝えていきます。

hivの感染と性病のリスク、相談は埼玉のクリニック

hivは感染症の中でも、非常にリスクの度合いが高いものになります。
その患者数は発展途上国を中心に増加の一途をたどっています。
数の増加が著しく目立つのが発展途上の国々ですが、若者に限定すれば先進各国でも感染者は減っておらず、日本では最近再び増加の傾向が見られています。
エイズウイルスは主に血液や精液、母乳などの体液が、
相手のデリケートなエリアから侵入する事で感染します。
男性であればペニスの先端部、女性であれば口腔や膣などが一般的です。
汗や唾、排便やおしっこで性病感染が起きる、といった意見が一時期日本国内でも浸透していましたが、基本的に体液が粘膜に濃厚に接触する事が条件ですので、そういった微妙な物では、hiv感染経路にはなりません。
性病は非常にナーバスな問題であり、性病を恐れるあまりに誤った知識が、教師や保護者から伝わる事もあります。

勿論、hivを筆頭に性病は恐ろしい病気に違いありません。
しかし、一般的な感染経路として考えられる性行為の際に、避妊具を装着する事で、その感染率は大幅に抑制可能です。
また違法ドラッグの回し打ちも、hivの感染経路ですが、
いわゆる普通の学生や若者の場合、そういった行為に遭遇しないため、コンドームの装着と傷口の濃厚な接触などを避ける事で、性病の回避は高確率で実現出来ます。

ただ、アナルセックスやオーラルセックスの際は、
大半の方がコンドームを装着しない事もあり、性病感染のリスクが出て来ます。
下半身に違和感を覚えた際は、素直に埼玉のクリニックに相談しましょう。
性病検査は厳格なプライバシー保護の元、埼玉のクリニックで受けられます。
埼玉は、hivの早期発見と早期治療に力を入れている街であり、
若者や学生の立場の方でも、気軽に相談が可能です。